インプラントとは?

近年注目されている歯科治療として挙げられるのが、インプラントです。看板などで見かけることも多く、インプラント治療という言葉だけは聞いたことがあるという方もいるかと思いますが、具体的にはどのような治療を行うのかご存知でしょうか?インプラントとは具体的にどのような治療なのかをご説明します。

インプラント治療とは、チタンなどの金属を歯の根っことして埋め込み、その上から人工歯を取り付ける治療のことを指します。完全に抜けてしまった歯の治療や、何らかのトラブルによって失われてしまった歯を蘇らせるための治療方法として知られており、その効果や使い勝手から、治療を希望する人が増えていることで知られています。

差し歯や入れ歯と異なり、歯の根っこの部分を金属で代用し、しっかりと歯の部分と金属の部分を固定するため、ちょっとやそっとの衝撃では取れたりせずに、まるで本物の歯が蘇ったかのように生活をすることが出来る点が、人気の理由だと言えるでしょう。また、インプラントの噛み心地は天然の歯とほとんど同じです。
入れ歯などのように毎日の面倒なお手入れも必要なく、歯磨きで基本的にはケアをすることが出来る点が、人気の理由ともいわれています。

またインプラントは非常に丈夫ですので、差し歯などの簡易的なもののように、食べるものを選ぶ必要がなく、抜ける心配をする必要がないと言えるでしょう。重さも軽く、体に優しい金属を利用するため、金属アレルギーを持っている方でも安心な歯科治療方法として知られています。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket